主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

味噌 武蔵野市

東京味噌らーめん 鶉(うずら)@武蔵境 特製みそラーメン

更新日:

DSC_0558

2018/6/23
今回は武蔵境駅北口から徒歩5分ほどのところにある東京味噌らーめん 鶉(うずら)へ。
18時半ごろ到着。この日は雨だったせいか、先客0で店内はガラガラ。



DSC_0559

主なメニューは味噌ラーメン、辛みそラーメン、みそつけ麺、辛みそつけ麺。今回は特製みそラーメンを選択。
ラーメン、つけ麺ともに大盛り無料で、麺量はラーメンは並盛り150グラム大盛り200グラム、つけ麺は200グラムと300グラムだそうだ。

また、このお店はツイッターを見たことを店員さんに告げるとチャーシュー1枚か味玉をサービスしてくれる。
どちらになるかは日によって変わるだが、いずれにせよツイッターをチェックしておくとお得
今回はチャーシューを1枚サービスしてもらった。

DSC_0560

DSC_0561

卓上はきれいに調味料やティッシュが置かれている。
紙エプロンがあることを明記してくれているのは個人的にはうれしい

DSC_0563

特製みそラーメン(980円)+ツイッターのサービスでチャーシュー1枚
トッピングはチャーシュー、味玉、野菜炒め(モヤシ、ニンジン、ニラ)、ネギ、それと上のカリカリした何か(ちょっと自分は正体がわからなかった…)。

野菜炒めは提供直前にフライパンで炒められるので熱々。
適度にシャキシャキ感が残っており、スープと絡めて食べると美味

DSC_0564

低温調理のレアチャーシューは特製で3枚+サービスで1枚の計4枚。
大きさ、厚さともに申し分なく、噛むと肉の旨味がジュワッと広がってたまらないお味!
大満足の絶品チャーシュー。

DSC_0567

麺は手もみのピロピロ麺。店長はお隣の東小金井駅のくじら食堂と同じお店で修業を積んできたそうで、麺の性質もかなり似ている。
手もみ特有のランダムな食感と、小麦の風味がたまらないとても美味しい素晴らしい麺。
欲を言うと、大盛りが200グラムだと若干物足りなさがあるので、有料でも構わないのでさらに上の量を用意してくれると嬉しいかも?笑

DSC_0566

スープは多めに浮いた液体アブラが目を引く味噌スープ。
油にはゴボウ油を使用しているらしく、この油のお陰で終始熱々な状態で食べることができる。
スープの方は、サラっとした清湯タイプで癖のない飲みやすいもの。巷の味噌ラーメンというとドロッとした濃厚なスープにニンニクなどのパンチを効かせたものが多いイメージだが、この店はそういうタイプとは正反対で、素材の味を生かした優しい味わいのスープとなっている。
コッテリ系のスープに慣れている人だと若干戸惑うかもしれないが、万人受けしそうな飲みやすく美味しいスープで個人的にはこういうのも◎

丁寧に作られた上品な味噌ラーメン、鶉でした。
ごちそうさまでした。



食べログ
東京味噌らーめん鶉(うずら) 公式ツイッター
営業時間:(月)(火)(水)(金) 11時30~14時30 18時~22時(木)11時30~15時 (土)(祭日)11時30~16時18時~21時
定休日:日曜日
住所:東京都武蔵野市境2-3-20

  にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
↑ ↑ ↑
クリックしていただけるともっと更新頑張ります!

-味噌, 武蔵野市
-,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.