主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

二郎 世田谷区

ラーメン二郎 環七新代田店@新代田・下北沢 小豚

更新日:

DSC_0560

2018/6/30
今回は下北沢の近く、新代田駅から徒歩1分のところにある新代田二郎へ。
13時半ごろ到着。先客は10名ほど。



新代田二郎についてだが、この店舗、住宅街のど真ん中にあるということもあってか列で待っている際の喋り声に対してとても厳しい。実際、自分は過去に何度か並びながら大声で喋っていた結果即帰らされるお客さんを目撃している…
そういうわけなので、複数人で行くときはくれぐれも静かに並ぶよう心がけましょう。声のトーンをやや落として、ひそひそ話す程度なら全く問題はないのですが…

また、過去に写真に関することでトラブルがあったようで、ラーメン以外の写真の撮影は厳禁ということも注意書きに明記されている。普通に食べるだけなら問題ないはずだが、こちらも一応ご注意を。

メニューは、券売機には小(750円)、小豚(900円)、小豚W(1050円)のみ。店内には黒烏龍茶の自販機有り。
麺マシや追加のトッピングを希望する際には、現金を直接店員さんに渡して注文する形となっている。
現金で頼めるメニューは、麺マシ(100円)、玉ねぎ(50円)、いいたまご(高めの生卵。100円)。その他にも何かあったはずだが、申し訳ないが記憶が曖昧ではっきり思い出せない…

また、今年の夏は平日は冷まし中華(100円)、土日は汁無し(追加料金なし)を限定メニューとしていやっているようだ。
冷まし中華という謎のメニューが個人的にとても気になるので、近いうちにこちらも食べに来たいところ

DSC_0562

小豚(900円)+玉ねぎ(50円) ヤサイニンニクアブラ
そんなこんなでラーメンの到着。

DSC_0563

横から撮るとこんな感じで、ヤサイの盛りはコールをしてもかなり大人締め。
ヤサイ自体はシャキシャキしており、キャベツも多く満足度高め

DSC_0565

そして新代田二郎の特徴の一つが、アブラコールをすることで上からかけてくれるこの味付きアブラ。
アブラに醤油を絡めただけの単純なものだが、このアブラをヤサイや麺と絡めて食べるのがとにかくうまい
これがあるので個人的に新代田二郎でアブラコールは必須だと思っている

ちなみに、二郎で他にこの味付きアブラを提供してくれているのは、二郎では今のところめじろ台店と池袋口店のみとなっている。

DSC_0566

豚は二郎基準だとやや小ぶりなもの。端っこの小さい部分も混ざっていたからか、今回は5枚入っていた。
どれも安定した味加減と柔らかさでとても美味しく、小豚にして大正解

DSC_0567

麺はオーションたっぷり極太麺。
新代田二郎はなぜか麺の太さが時期によっていくらか変わるのも特徴で、この日は他の二郎と同程度の太さだった(基本的にこれより細くなることはなく、逆に太い時は更なる極太麺となって出てくる)。
食べやすいこの太さもアリといえばアリだが、自分はこれよりさらに太い新代田の麺のほうが好きなので若干残念笑

DSC_0568

スープは力強いカエシの風味が特徴の微乳化汁。
豚の出汁もしっかり効いており、とても破壊力の高いスープとなっている。
スープ単体で飲むのは正直厳しい味の濃さだったが、麺との絡み具合は最高でとても美味しい

味付きアブラと、力強いスープが特徴の新代田二郎でした。
ごちそうさまでした。



食べログ
ラーメン二郎 環七新新代田店 公式ツイッター
営業時間:営業時間 火~金 11:00~14:00くらい 17:00~20:00くらい 土日祝 11:00~15:00くらい
定休日:月(臨休が多いので行くときはあらかじめツイッターで確認しておくと吉)
住所:
東京都世田谷区代田5-29-5 櫻井ビル 1F

  にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ ↑ ↑
クリックしていただけるともっと更新頑張ります!

-二郎, 世田谷区
-, ,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.