主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

二郎 千代田区

-液体アブラたっぷりのコッテリ二郎- ラーメン二郎 神田神保町店@神保町・御茶ノ水 小豚

投稿日:

訪問日:2018/10/13

今回は神保町の二郎へ。少し時間はかかるが、御茶ノ水からも徒歩で行ける距離にある。

16時過ぎに到着。待ち客はざっと見た感じ40人以上もいる…

列の並び方が少し複雑で、店員さんに聞いて何とか最後尾の位置を確認する。

1時間半ほど並び、ようやく着席。

主なメニューは

  • ラーメン(700円)
  • 小豚(800円)
  • 豚ダブル(900円)
  • 大(800円)
  • 大豚(900円)
  • 大豚ダブル(1000円)
  • 生玉子(50円)

(券売機の写真撮り忘れました…)

この日は小豚と生玉子を購入。

小豚(800円)+生玉子(50円) ニンニク

横から撮るとこんな感じ。

豚は5枚。

ミシッっと密度高めの固め食感で、¨肉¨という感じのもの。

やや固めの豚が好みな人にはドストライクかも

麺は二郎の中ではやや細めなものがたっぷりと。

芯が残った固めの湯で加減で、スープもよく絡み無限に啜れる

オーションの香りもしっかり感じられる美味しい麺。

量は多めで350g前後なイメージ。

玉子は途中で麺に絡めるとまろやかな味わいに。

スープは油膜たっぷりの乳化度低めなもの。二郎の中でもここまで液体アブラが入っているスープはここだけだと思われる

キリっと醤油が効いた豚骨汁がアブラによりまったりした口当たりになっており、超こってりスープという感じで美味しい。

ただ、自分の場合はこの店舗は「アブラ少な目」コールの方が好みなので、次来た時はそちらの注文も記事に書きたいところ

 

麺量と液体アブラの多さが特徴の神保町二郎でした。

ごちそうさまでした。

食べログ

ツイッター:ラーメン二郎 神田神保町店

営業時間:11:00~17:00

定休日:日・祝

住所:東京都千代田区神田神保町1-21-4

-二郎, 千代田区
-, ,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.