主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

鶏白湯 中野区

麺匠 ようすけ @中野 特製超濃厚白湯ラーメン

投稿日:

訪問日:2018/10/22

今回は中野にある鶏白湯ラーメンのお店、麺匠 ようすけへ。

20時ごろ到着。店内はちょうど満席。

主なメニューは

  • 超濃厚白湯ラーメン(750円)
  • あっさり(750円)
  • 濃厚白湯つけ麺(780円)
  • 限定ラーメン(800円)

等。また券売機の写真撮り忘れた…

今回は特製超濃厚白湯ラーメン(950円)を購入。

食券を渡す際、レモンはいるかどうか聞かれるので迷わずお願いする。

卓上にはメニューへの拘りが書かれている。

特製超濃厚白湯ラーメン(950円) 大盛り(100円)

トッピングが鶏チャーシュー、味玉、メンマ、玉ねぎ、青ネギ、ひき肉、海苔。それと別皿でレモン。

味玉は黄身が柔らか目に固まったもの。

チャーシューは、低温調理の鶏チャーシューが4枚。

しっとりした口当たりで柔らかく、味付けは薄めだが噛むと鶏の旨味が口いっぱいに広がる。これはうまい!

麺は軽く縮れた中細麺。

加水率低めで、スパスパと歯切れよく噛み切れる感触がたまらない。

縮れのおかげか、濃厚スープをこれでもか!というくらい持ち上げてくれるのも印象的で、麺とスープの組み合わせをたんまり堪能できる。

丸鶏とモミジを10時間以上炊き出したというスープは、いかにも濃厚という感じでとにかくドロッドロ。

塩の主張はあまり強くなく、とにかく¨鶏¨を中心としたスープという印象。

口に含むと、たっぷりとスープに溶け出した鶏の旨味が口いっぱいに広がるが、しつこさはなくとても飲みやすい絶妙な濃さで美味い 

半分程食べ進めたところで、別皿のレモンの出番。

スープに絞って軽く混ぜると、さっぱりとした酸味が加わり濃厚な風味を良い感じに中和してくれる。

美味しいラーメンなのだが、確かに濃厚すぎて途中で若干飽きてしまう方もいそうなので、このレモンは客の気持ちをとらえた素晴らしいサービスだと思った

 

鶏白湯ラーメン好きなら納得の味の、中野のようすけでした。

ごちそうさまでした。

食べログ

営業時間:[木~火]11:30~16:00 18:00~26:30(日曜・連休最終日は~25:00)

定休日:水

住所:東京都中野区中野5-57-2 アミューズ中野ビル 1F

-鶏白湯, 中野区
-,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.