主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

醤油 千代田区

青島食堂 秋葉原店@秋葉原 青島チャーシュー

投稿日:

訪問日:2018/11/12

今回は行列の絶えない秋葉原の人気店、青島食堂へ。新潟発祥の生姜醤油ラーメンを専門とするお店だ。

14時ごろ到着。長い列が店外まで伸びており、待ち客は15名ほど。

主なメニューは青島ラーメンのみとい潔い。

このお店はチャーシューが特に人気で、増しにする価格も50円or100円とあまり高くないからか、チャーシュー麺にさらにチャーシューを増して注文する人も多いんだとか。

自分もその例に漏れず、青島チャーシューと自家製チャーシュー(50円)とほうれん草(100円)を購入する。

食券購入後、店内で待っている間に店員さんが「食券を見せてください」と聞いてくるので聞き逃さないように

 

 

 

青島チャーシュー 麺大盛り(950円)+自家製チャーシュー(50円)+茹でホウレン草(100円)

良くも悪くもとても雑に盛られた、一昔前の雰囲気漂うビジュアルがすごく印象的なラーメン。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ホウレン草、ナルト、ネギ、ノリ。

 

 

チャーシュー麺にさらにチャーシューを増しているだけあって、スープの中からわんさかお肉が出てくる。

細かく切られた乱雑に切られたこのチャーシューは、基本的には柔らかいのだが、微妙に硬い部分やトロトロの脂身など一口ごとに食感に変化がありこれが食べていてすごく楽しい

かなりしっかりとした味もついており、そのまま食べても麺やスープと一緒に食べても文句無しの美味しさ。これは確かに増したくなる

50円ではなく100円の方のチャーシュー増しをするべきだったと食べてから後悔

 

 

オーソドックスなチュルンチュルンの中華麺は、真新しさなどはないが安心して食べられるザ・ラーメンという感じのもの。

モッチリした食感と主張しすぎない風味がシンプルなスープにとても合っている。

 

 

さっぱりした生姜醤油スープは、飲むと体が芯から温まる

絶妙な濃さのカエシにガツンと生姜が効いており、不思議と病みつきになってしまう絶品スープ。卓上の胡椒をお好みでかけるとピリッとした風味が加わりこれもまた美味

 

 

是非チャーシューをマシマシにして食べて欲しい、秋葉原の青島食堂でした。

ごちそうさまでした。

食べログ

営業時間:11:00~18:00(スープ売切れ次第閉店)

定休日:火曜

住所:東京都千代田区神田佐久間町3-20-1

-醤油, 千代田区
-,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.