主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

中央区 二郎系・二郎インスパイア

火の豚 人形町駅前店@人形町 フュージョン

更新日:

DSCPDC_0003_BURST20180525182609911_COVER

2018/5/25
今回は人形町A5出口を出てすぐのところにある火の豚へ。
18時半ごろ到着。店内は満席だが、待ち客はなしですんなり着席。

DSCPDC_0003_BURST20180525182615429_COVER

こちらのお店は二郎系ラーメン×中本の麻婆の組み合わせが食べられるということで有名。
自分は両店とも大好物なので当然この店も大好き笑

DSCPDC_0002_BURST20180525182657691_COVER

DSC_0400

トッピングはニンニク、ヤサイ、ショウガのみ。
以前はアブラもコールできたのに、今回来たら無くなってる…

DSC_0391

フュージョン(800円)+火のうずら(150円)+豚マシ(100円) ヤサイニンニクショウガ
麻婆とモヤシのコントラストが美しいビジュアルのラーメン。ヤサイの盛りは割とおとなしめな印象。
上に乗っている麻婆はそのまま食べると中々の辛さでかなりの存在感がある…が、なぜか不思議とスープや麺の味を邪魔せず、むしろそれらが混ざりあうことで更なる美味しさに。うーんこれは癖になる
また、麻婆そのものはそれなりの辛さだが、スープに混ざることで辛さがかなり和らぐので、辛い物が苦手な方でもある程度は安心して食べられるのもポイント。
ただ、今回はスープの量が少なく、上の写真を見てもほとんど映っていないレベル…。この点は少し気になってしまった

DSC_0399

麺はやや白っぽい見た目の極太麺。量は二郎系の中だと割と少ないので、通常の二郎に慣れてる人は少々物足りなく感じるかも?
ほんのり甘い風味ともちもちした食感がスープやマーボにベストマッチしており、とても美味しい

DSC_0392

豚は、ホロホロというよりは適度に肉の食感が残った噛み応えのあるもの。1枚マシてあるので今回は合計2枚。
程よい塩加減と柔らかさで、これならマシて正解だった

DSC_0396

こちらは火のうずら。
名前から結構辛いうずらを想像していたのだが、実際は周りについた唐辛子によってほんのり辛くなった味付き玉子という程度の辛さで、若干期待外れ感が否めなかった
ただ、勝手に自分が期待しすぎていただけで十分美味しいうずらではあったので、次回もまた頼んでみようとは思う。

DSC_0395

スープはブタポタに乳化した、豚の旨味甘味をたっぷり感じることできるもの。ただ、このブログを始める以前もこの店には来たことがあったのだが、その時と比べると今回は若干味が薄かったかも…?
それでも、このスープは絶品でこれ単体でも無限に飲める程。更にここにピリ辛麻婆が混ざると、絶品の甘辛スープが完成する。これが本当に本当においしいので、ぜひ実際に口にしてもらいたい。

ただ人気店の味を組み合わせただけではなく、それらをさらに研究して美味しくなるように作られた最高の二郎系ラーメン。
ごちそうさまでした。


ラーメンランキング

↑クリックして頂けるともっと更新頑張ります!

-中央区, 二郎系・二郎インスパイア
-, ,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.