主に東京でラーメンを気ままに食べています。

一日一善一ラーメン

武蔵野市 油そば

珍々亭@武蔵境 油そば大

更新日:

DSC_0527

2018/6/9
今回は武蔵境駅から徒歩10分ほどのところにあり、油そば発祥の店とも言われている珍々亭へ。
15時ごろに到着し、待ち客はなかったのだが店内は満席。さすがは有名店といったところ。
昭和29年創業の店ということですが、店構えからして一昔前の懐かしいオーラが漂っていて、時代を感じますね…笑
店内に入ると、愛想の良いおばちゃんたちが元気よく接客してくれる。まさしく実家のような安心感で、とても居心地が良い。



DSC_0528

チャーシューと味玉はもう終了とのこと。遅めの時間だったので致し方なし…

DSC_0529

卓上には味変用のラー油、酢、胡椒、醤油、七味。

DSC_0530

油そば 大(850円)+生玉子(50円)
シンプルな見た目の飾り気のない油そばの登場。
トッピングはチャーシュー、メンマ、生玉子、ナルト、それと写真では見えないが麺の中にネギ。
メンマは気持ち柔らかめで甘めの味付け。
ネギは麺と混ざるとシャキシャキした食感がいいアクセントになって美味。ネギ好きな方はぜひネギ増しをおすすめしたい

DSC_0531

チャーシューは、今風の柔らかいようなものとは一切違い、固くミシミシとした肉の食感を存分に楽しめるもの。これは正直好みが分かれるかもしれない…笑
ただ、固いとは言っても噛めばすんなり噛み切ることができるくらいの絶妙な硬さで、好みはともかく十分においしい出来なのでご安心を(?)

DSC_0532

丼の下にはたれがたっぷりと。

DSC_0535

先ほどのタレを、この麺にたっぷり絡めていただく。
たれはシンプルな醤油ベースの味わいのタレで、本当にシンプルにうまい。
卓上のラー油や酢等との相性も抜群なので、途中でこれらの調味料を加えることで飽きずに最後まで食べることができる。
ちなみに自分は胡椒とラー油を混ぜるのが好きです

またこの麺が加水率高めのモチモチ、熱々麺でめちゃくちゃおいしい。
タレとの絡みも抜群で、無限に啜れる。最高。
量は体感かなり多めで350グラムほどだろうか?一般の人なら並か大で十分そう。

昭和を感じることができる、昔懐かしい雰囲気と味わいだが、現代でも十分通用する素晴らしい油そば。
ごちそうさまでした。



食べログ:珍々亭
営業時間:11:00~16:00
定休日:日曜・祝日
住所:
東京都武蔵野市境5-17-21

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

↑クリックして頂けるともっと更新頑張ります!

-武蔵野市, 油そば
-,

Copyright© 一日一善一ラーメン , 2019 All Rights Reserved.